文字サイズ 大小

皇大生が神社と地域の関はり学ぶ 神道学科・宗教学ゼミ


 【三重】鈴鹿市の深田神社(樋口比呂麿宮司)に五月二十八日、皇學館大学文学部神道学科・板井正斉教授が担当する宗教学ゼミの学生が調査見学に訪れ、神社と地域との関はり等を学んだ。
 この訪問は、興味深い地域活動をしてゐる神社や神職を訪ねて「地域×神社」の実際を調査・見学し、神職が地域活動へと積極的に関はる意義を学ぶことが目的。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧