文字サイズ 大小

【新刊紹介】皇位継承の儀礼 佐野真人著

令和6年06月03日付 4面

多角的な観点から あるべき姿を示す

 平成から令和の御代替りが、天皇陛下の「生前退位」といふ言葉で発表されたことに衝撃を受けた人は少なくないだらう。本来、このたびの皇位継承は「譲位」と申し上げるべきところだが、「退位」としたのは現行法の下ではやむを得ない選択であった。しかし、その後「退位」が定着したのか、平安時代を舞台とする大河ドラマでもしばしばこの語が用ゐられるに至ってをり、古代にまで流用するのはいかがなものかと思はれよう。
 かうした懸念にも直ちに応答してくれるのが本書である。

 内容の性質上、漢文や難読語が多くなるのだが、予備知識がなくても問題ないやう訓読や解説が周到に配されてをり、門外漢にも安心して手に取っていただける。専門の研究者のみならず、広く一般に本書をお勧めする所以である。
〈税込7242円、皇學館大学出版部刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(麗澤大学外国語学部教授・橋本富太郎)
関連書籍
[30470185] 皇位継承の儀礼 新刊 おすすめ
円(本体価格 6,584円+税)
著者 佐野 真人 / 皇學館大學出版部
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧