文字サイズ 大小

「次世代を担う鎮守の杜」 神道学科・神道学会共催で 皇學館大学

令和6年07月08日付 4面
西野氏の講演
西野氏の講演
校内の植物と触れ合ふフィールドワークも
校内の植物と触れ合ふフィールドワークも

 三重県伊勢市の皇學館大学では六月十三日、令和六年度神道学科・神道学会共催講演会「次世代を担う鎮守の杜」を、林学博士で一般社団法人第二のふるさと創生協会森づくりアドバイザーの西野文貴氏を講師に招いて開催し、学生約五十人が鎮守の杜について学んだ。
 神道学科では、第六十三回神宮式年遷宮を控へ、改めて鎮守の杜の意義を学ぶための教育プログラムの検討を始めてをり、そのさきがけとして学生たち自らで榊を育てる「榊プロジェクト」を発足させてゐる。今回の講演会は、同プロジェクトの一環として、まづは鎮守の杜について基礎を学ぶ場を設けようと企画したもの。「鎮守の杜の植生を深く理解するとともに、それらをとりまく課題解決に向けた具体的な教化プログラムを立案できる神職」を育成するための第一歩として開催が実現した。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧