文字サイズ 大小
RSS 1.0
 神社本庁総合研究所(田中恆清所長)は三月十五日から十七日までの三日間の日程で、「神社庁祭祀舞指導者養成研修会」を東京・渋谷区の國學院大學で開催し、全国から神職二十五人が参加した。
>>> 記事詳細
 【神奈川】鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穗宮司)では、参道の「段葛」を彩ってゐた躑躅約百株を東日本大震災で被災した福島県いわき市の薄磯地区に寄贈することとなり、二月十九日に同地区で「復興祈念植樹祭」がおこなはれた。
>>> 記事詳細
 天皇陛下には、昨年末に八十三歳の御誕生日をお迎へになられ、このたびは皇后陛下とともに、お元気でベトナム御訪問の長旅から無事に御帰国遊ばされた。その帰途、昨年十月に八十八歳で崩御された前国王の御弔問のためタイにもお立ち寄りになられてゐる。  この間、皇太子殿下は二十三回目となる国事行為の臨時代行をお務めになられた。殿下はまた天皇陛下の御名代として、アジア冬季競技大会開会式で開会宣言も述べられてゐる...
>>> 記事詳細
 近年、日本的な道徳についての再検討が活溌になってゐる。さうした動きを受けて、「道徳」の科学的研究に取り組み、「道徳科学(モラロジー)」の体系を樹立しようとした先人として再評価の気運が高まってきてゐるのが、公益財団法人モラロジー研究所及び学校法人廣池学園の創設者として著名な廣池千九郎である。本書は、廣池生誕百五十年を期して、その伝記を丁寧かつ着実に再構成するだけでなく、その生涯を通して形成されてい...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】大塚 吉氏

平成29年03月27日付
大塚 吉氏(おほつかよし、栃木県芳賀郡市貝町市塙二一九八―一、日枝神社宮司、二級上)二月二十三日帰幽、享年八十九。昭和二十六年日枝神社宮司に就任した。通夜祭は二月二十八日午後六時から、葬場祭は三月一日午前十一時から執りおこなはれた。喪主は子息、忠(ただし)氏。
>>> 記事詳細