文字サイズ 大小
RSS 1.0
 第一代・神武天皇の崩御日にあたる四月三日、宮中三殿の皇霊殿と奈良県橿原市の畝傍山東北陵(神武天皇山陵)で神武天皇祭が斎行された。
>>> 記事詳細
 【兵庫】淡路市の伊弉諾神宮(本名孝至宮司)では、令和二年一月八日未明の暴風で剥離した本殿屋根の檜皮修復が完了したことから、三月二十八日に本殿遷座祭を、翌二十九日には天皇陛下よりの幣帛料を賜り、本殿遷座奉祝奉幣祭を斎行した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和3年04月12日付
 今年も桜前線が列島を北上するなかで新年度を迎へ、企業や学校では新社会人や新入生を受け入れての入社式・入学式がおこなはれてゐる。斯界における新年度は七月からだが、全国各地の神社では新たな奉職者を、また國學院大學・皇學館大学をはじめ各地の神職養成機関においても、それぞれ新たに学生を迎へ入れてゐる。  昨年は四月七日に緊急事態宣言が発出されるなど、異例の状況で新年度を迎へた。今年は年明けからの二回目と...
>>> 記事詳細
 神道古典を代表する『古事記』や『日本書紀』は、文学研究の立場からは上代文献とも称され、日本で最も古い文字化された作品たちである。文献として文字化される以前、主に口承で伝はってきた説話は、部分的に改編が加へられ一つの作品としてまとめられていった。  この『上代説話事典』は、さういった上代文献から採集された説話と、説話(神話)の流れを集成した事典である。「事典」とはあるが、『古事記』『日本書紀』を中...
>>> 記事詳細
 明治神宮宮司 中島精太郎 願に依り本職を免ずる  盛岡八幡宮権宮司 伊藤良正 願に依り本職を免ずる  山形県神社庁参事 湯上弘通 願に依り本職を免ずる  御上神社宮司 垣内宏之 願に依り本職を免ずる  太宰府天満宮権宮司 味酒安則 願に依り本職を免ずる (各三月三十一日付)
>>> 記事詳細