文字サイズ 大小
RSS 1.0
/images/記事

青葉会議始まる

平成30年05月28日付
 神社本庁定例評議員会を中心とする恒例の青葉会議が始まった。五月二十二日には、全国神社総代会が定例代議員会を開催。二十三日には神社本庁表彰式が執りおこなはれ、二月に「長老」の称号が贈られた千葉・淺間神社の宮間孝夫宮司と愛媛・軍ヶ森神社の長曽我部延昭宮司に鳩杖が授与された。(評議員会等の詳細は次号)
>>> 記事詳細
 【東京】渋谷区の明治神宮(中島精太郎宮司)では、「鎮座百年祭記念事業」の一環として実施してゐる社殿群の銅板屋根葺替工事にともなひ、五月十八日に仮殿遷座祭を斎行し、同神宮の責任役員や総代など約二百八十人が参列した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成30年05月28日付
 明治神宮で五月十八日、浄闇のなか厳かに仮殿遷座祭が斎行された。二年後に迎へる鎮座百年祭の記念事業の一環として昭和三十三年の戦災復興以来となる社殿群の銅板屋根葺替工事にともなふもので、来夏には工事を終へて本殿遷座祭が斎行される予定だといふ。このほか記念事業として神宝の新調・修復や「明治神宮ミュージアム」の建設等も取り進められてゐると聞く。  時恰も明治維新百五十年の節目にあたる今年は、明治維新と明...
>>> 記事詳細
 新学期が始まり、一カ月余りが過ぎた。神職課程の科目履修学生、また夏期の講習会や研修の機会に神職資格取得を予定してゐる方々にとって、「祭式」と聞けば、上手く学びを「こなせる」かどうか、との思ひが頭をよぎるかもしれない。しかし、少し立ち止まっておきたいことがある。それは「祭式」が「こなせる」といふ表現、すなはち所作や作法といふテクニカルなことを指すのでもなく、また単なる「式次第」との意味ではないとい...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】深谷 元義氏

平成30年05月28日付
 深谷 元義氏(ふかやもとよし、福島県会津若松市門田町一ノ堰字村東四五五、磐梯神社宮司、二級上)五月九日帰幽、享年九十。昭和二十五年磐梯神社に奉職し、四十二年禰宜、四十四年宮司に就任した。神社本庁参与、県神社庁協議員、北会津郡・会津若松市連合支部長、神道政治連盟県本部副幹事長などを歴任。民生委員・児童委員も務めた。通夜は五月十四日午後五時から、本葬は十五日午前十一時から執りおこなはれた。喪主は長男...
>>> 記事詳細