文字サイズ 大小
RSS 1.0
/images/記事

青葉会議始まる 

平成28年05月30日付
 神社本庁定例評議員会を中心とする恒例の青葉会議が始まった。神社本庁では今年、設立七十年を迎へたことから、五月二十五日に秋篠宮・同妃両殿下の台臨を仰ぎ、東京・明治神宮会館で記念式典を開催。このほか青葉会議期間中には諸会合がおこなはれるが、今年は全国神社総代会、神社本庁とも役員改選の年にあたってをり、二十四日の総代会定例代議員会では三村会長の留任が決まった。    総代会代議員会 三村会長が留任  全...
>>> 記事詳細
 神社本庁と東海五県神社庁連合会の設立七十周年を記念する東海五県神社庁連合総会が五月十二日、愛知県刈谷市の総合文化センターアイリスを会場に開催され、東海五県の各地から神職・総代などの神社関係者約千五百人が参加した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成28年05月30日付
 両陛下には震災発生直後の四月十五日、侍従長を通じて熊本県知事に甚大な被害が発生してゐることへの御心痛をお伝へになられ、犠牲者へのお悼みと、被災者へのお見舞ひを述べられるとともに、災害対策に従事してゐる関係者をねぎらはれた。この日は、静岡県への行幸啓が予定されてゐたがお取り止めになられ、御所で震災の状況を見守られたのであった。それから一カ月余りが経過したが、いまだに余震が続くなかで、多くの被災者が...
>>> 記事詳細
 恩師から本を戴いた。西山厚先生著『語りだす奈良 一一八の物語』といふ。  著者の御父上・西山徳先生は、恩師の恩師にあたる。大正二年、和歌山県に生まれた徳先生は、日本学士院帝室制度史編纂部員、総理府事務官を経て、昭和三十七年からは、神職であった父君の志を継いで皇學館大学で教鞭を執られてゐた。そんな徳先生の講義について恩師は、「御鈴のように透きとおった綺麗な美しいお声でご講義されました。私語する学生...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】八坂 宣匡氏

平成28年05月23日付
 八坂 宣匡氏(やさかのぶまさ、福岡県太宰府市宰府四―七―一、太宰府天満宮禰宜、二級上)五月十三日帰幽、享年五十八。
>>> 記事詳細