文字サイズ 大小
RSS 1.0
 全国氏子青年協議会(鷹野尚志会長)では七月九日、長崎市のベストウェスタンプレミアホテル長崎で第五十四回定期大会を開催し、全国から会員約六百人が出席した。大会に合はせて開かれた総会では昨年度事業報告や今年度事業計画案などが承認された。 櫻井氏が講演  大会後には記念講演がおこなはれ、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が「私たちが目指す国のかたち」を主題に、激しく変化する世界情勢のなかで日本の歩むべき方向...
>>> 記事詳細
 【愛知】県神社庁研修所(小串和夫所長)と県神社庁教化委員会(三浦正典委員長)では六月二十七・二十八の両日、神宮教化研修会を三重県伊勢市の神宮会館で開催し、三十人が参加した。  この研修会は神宮の祭祀をはじめ機構全般に関して学ぶもので、本宗である神宮への理解の深化と崇敬心の涵養を図り、次期式年遷宮の啓発に即応する態勢の強化を図ることが目的。今回は神宮の技師と神職の三人が講義をおこなった。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成28年07月18日付
 本紙今号発行日の七月十八日は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」とされてゐる国民の祝日「海の日」にあたる。  この「海の日」は明治九年の六月から七月にかけて東北地方を巡幸された明治天皇が、七月二十日に灯台巡視船「明治丸」で横浜へと還幸されたことに由来する。昭和十六年には、当時の村田省蔵逓信大臣らの働き掛けにより、海洋に関する国民の関心を昂め、海を活用して世界に雄飛する精神を涵...
>>> 記事詳細
 外国人にとって神社は謎だらけの施設に見える。境内は未知のものであふれ、すべてが彼らの関心を引く。本書ではそれらが美しい挿絵と共に短くまとめられた文章で解説されてゐる。収録内容についても、お守りや絵馬から縁起物、著名神社や年中行事の紹介など、幅広く取り上げられてゐる。  興味深いのは、解説文の日本語と英語が必ずしも一致してゐる訳ではないといふ点だ。詳細は実際に読んで確かめて戴きたいが、文化的背景の...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】宮川基名誉宮司帰幽

平成28年07月18日付
 福井福井市大宮二―一三―八、福井縣護國神社名誉宮司の宮川基氏(みやかははじめ、神職身分特級)が五月十日に帰幽した。享年九十六。
>>> 記事詳細