文字サイズ 大小
RSS 1.0
 神道青年全国協議会(長友安隆会長)は六月八日、奈良・橿原神宮(久保田昌孝宮司)で神武天皇二千六百年記念事業として「国家安寧祈願祭」を斎行し、祭員・伶人合はせて会員約百二十人が奉仕した。この事業は第一代・神武天皇の崩御から今年が二千六百年の式年にあたることから実施。わが国の国体の礎を築いた神武天皇の功績を啓発するとともに、神武創業の地である橿原で永久の国家安寧を祈念し、次代...
>>> 記事詳細
 【静岡】県神道青年会(勝又清文会長)では五月三十日、東京電力福島第一原子力発電所の事故により今なほ避難指示区域に指定されてゐる福島県双葉郡浪江町で、災害からの早期復興と国家安寧を祈願する百度祓を執りおこなった。  百度祓は福島県神道青年会(遠藤正崇会長)の協力を得て苕野神社(倉坪郁美宮司)でおこなはれ、白衣・白袴の静岡神青の会員十人が輪番で道彦を奉仕し、大祓詞を百度奏上した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成28年06月20日付
 去る六月六日、全国神職保護司会の第二十七回総会が富山縣護國神社で開かれ、保護司を務める全国の神職ら約七十人が参加した。会議では平成二十八年度の事業計画として、同会の長年の要望である神社本庁傘下の認定団体とするやう求めることや助成の充実に加へ、都道府県単位会の結成推進、積極的な研修会の開催などが満場一致で諒承された。  全国で約四万八千人ゐる保護司の職種はさまざまだ。農林水産業や製造業、サービス業...
>>> 記事詳細
 本書は、英和対訳による神道の入門書である。著者の山口智氏は京都大学卒業後、在コロンビア日本国大使館などで勤務した国際派で、現役の神職でもある。その堪能な英語を駆使し、本書は英語と和訳を見開きにするといふ形で構成され、神道の基礎的な知識を紹介してゐる。  東京五輪なども決定し、今後さらに訪日外国人旅行者の増加は予想される。英和対訳による神道紹介の需要は今後さらに高まる。 〈本体1300円、戎光祥出...
>>> 記事詳細
/images/人事

本庁辞令(五月三十一日付)

平成28年06月13日付
 福井縣護國神社兼福井神社宮司宮川脩 願に依り兼職を免ずる (五月三十一日付)
>>> 記事詳細