文字サイズ 大小
RSS 1.0
八氏が登壇しての共同討議  「人霊祭祀、顕彰と継承と」を主題とする第三十五回神社本庁神道教学研究大会が九月五日、神社本庁大講堂で開かれ、全国の神職や本庁の教学顧問・教学委員・研修委員をはじめ、各神職養成機関の教職員、神社庁研修所講師など約九十人が出席した。同大会では一昨年の第三十三回大会より「人霊祭祀」を主題に、歴史的変遷や思想的展開を検討。今回は過去二回の成果を踏まへ、改めて近代を対象として偉人顕彰とその祭祀に注目するこ...
>>> 記事詳細
 【宮崎】日南市の鵜戸神宮(本部雅裕宮司)では八月二日、全国に先駆けて神田で抜穂祭を斎行した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成29年09月18日付
 本紙今号に掲載の通り去る九月五日、第三十五回神社本庁神道教学研究大会が開催された。本大会は「人霊祭祀」を主題に掲げた昨年・一昨年の大会における成果を踏まへ、「人霊祭祀、顕彰と継承と」と題して近代に創建された「人霊祭祀」神社に再び焦点を当てることで、わが国の「人霊祭祀」の伝統と信仰的営みを再確認し、その教学的位置付けを明らかにするための一助とすることを目的としたものである。 ○  過去二回の大会で...
>>> 記事詳細
 今回紹介する二冊の新書は、いづれも土地に関する問題を取り扱ったものだが、両書にはさらに共通する点がある。それは、「外資による森林(土地)買収」の問題が発端にあるといふ点である。  両書の巻末には、政策的な提言も記されてをり、産経新聞の編集委員でもある宮本氏は外国資本による土地買収は「武器を持たない戦争」であると説く。  不動産の登記や所有権・財産権の問題と、それをめぐるさまざまな課題について、改...
>>> 記事詳細
/images/人事

庁長・副庁長選任

平成29年09月18日付
 愛知県神社庁 庁長牧野武彦(新) 副庁長白井清夫(再) 同千秋季賴(新) (九月四日付)
>>> 記事詳細