文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
10 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和4年08月01日
 暑さの中、稲は開花、結実への大事な時期を迎へる。早稲の穂が実るこの時期に、八月一日を八朔「田の実」の節供として初穂を親しい人に贈る風習がなつかしく思ひ出される。「ねぶた」や「竿燈まつり」など、東北地 ...

【オピニオン】 論説   - 令和4年08月01日
 一昨年初頭からの長引くコロナ禍のなかで、三度目の夏休みの時期を迎へてゐる。  一昨年は春からの緊急事態宣言が解除され、神社における感染症対策のあり方や、会議・研修に際してのウェブ会議システムの導入な ...

【オピニオン】 論説   - 令和4年07月25日
 第二十六回参議院議員通常選挙が最終盤を迎へてゐた七月八日、安倍晋三元首相が突如兇弾に斃れるといふ由々しき事件が起きた。奈良市内で選挙応援演説中に兇漢の自作銃で狙撃され、必死の救命措置も及ばず、当日夕 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和4年07月25日
 今年は梅雨明けが早かった。九州南部、東海、関東甲信が六月二十七日。関東甲信では統計のある昭和二十六年以降で最速の梅雨明けだ、といふ。  そして、熱中症対策と節電の呼びかけもはじまった。当然のことであ ...

【オピニオン】 論説   - 令和4年07月18日
 今号発行日の七月十八日は、「国民の祝日に関する法律」(祝日法)によって「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と定められた「海の日」にあたる。  明治九年の七月二十日、東北地方の巡幸を ...

【オピニオン】 鎮守の森の過去・現在・未来~そこが知りたい社叢学~   - 令和4年07月18日
緑のまちづくり 計画策定率低く  緑のまちづくりとは、都市計画や地域計画の中で緑豊かな環境と美しい景観を生み出し、健康で文化的な暮らしを実現する取組みと理解される。まちづくりを所管する国土交通省で緑を ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和4年07月18日
 参議院議員選挙を経て、「国家安泰」「御皇室の弥栄」に心を合はせて進むやう願ひを託されたと感じてゐる。十七万二千六百四十・一六九票の重さを背に、引き続き日本の心を政策にといふ道を、国家国民の幸せのため ...

【オピニオン】 論説   - 令和4年07月11日
 今号掲載の通り、「おいでやす京都~目指そう 和の心 平安の世界を!~」を主題とする全国氏子青年協議会(=全国氏青協)の第六十回定期大会・総会が七月二日に京都で開催された。  一昨年来の新 ...

【オピニオン】 鎮守の森の過去・現在・未来~そこが知りたい社叢学~ 社叢をめぐる法律問題―実務上の留意点―(二)   - 令和4年07月11日
利害調整の方法 踏まへるべき点  前回は、鎮守の森が失はれてゆく原因をはじめ、社叢を守ってゆくための神社界における規制、また行政による公的規制について概説した上で、近隣住民との関係調整の必要性を述べた ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和4年07月11日
 先日、あるお芝居を観たのだが、考へさせられる内容だったので、この場を借りて、私が感じたことを述べさせていただきたい。  それは、ある有名な歴史的事件を題材にしてをり、世間一般に知られてゐる物語ではな ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>