文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
5 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【読書】 【新刊紹介】徳橋達典著『日本書紀の祈り 多様性と寛容』   - 平成30年04月09日
“記紀神話”と並び称されながら、世間の認知度において『日本書紀』は『古事記』の後塵を拝してゐるのが現状ではないか。神話のエピソードとして専ら紹介されるのは大抵『記』の方だ。その要因についてここで論じる ...

【読書】 【書評】『その一粒に重みのありて』 皇后陛下御歌集 独逸で出版   - 平成30年04月09日 写真有
 このたび独逸で出版された『その一粒に重みのありて』は、書家の石飛博光さんがそれぞれの御歌を謹書されてをりますが、それ以外はすべて独逸語で書かれてをります。  しかし、幸ひにも私の義理の弟にあたる内野 ...

【読書】 【新刊紹介】黒岩昭彦著『米良の桜――宮崎から見た歴史断片』   - 平成30年04月02日
 本書の帯に記された「文学的センスに歴史的センスをブレンドした、まるで司馬遼太郎ばりの内容」とは、刊行に寄せて序文を草された阪本是丸國學院大學教授の評の一部である。手に取った方はまづ、この帯の一文に心 ...

【読書】 【新刊紹介】櫻井義秀編『しあわせの宗教学――ウェルビーイング研究の視座から』   - 平成30年04月02日
 「しあわせ」とは何だらうか。我々神職は日々祝詞の中で「幸く真幸く」や「幸へ給へ」などと人々の幸福を祈ってゐる。だがその「しあわせ」とは何なのか、神道がいかに人々を幸福に導けるのか突きつめて考へる機会 ...

【読書】 【新刊紹介】皇室法研究会編『増補改訂 共同研究 現行皇室法の批判的研究』   - 平成30年03月26日
 昭和五十六年、葦津珍彦氏を中心に皇室法研究会が設立され、来るべき御代替りに備へて、法的に可能な限り万全な準備態勢を整へることになった。その成果を纏め、御代替りの約一年前の昭和六十二年十二月に公刊され ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>