文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
7 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【読書】 【新刊紹介】國學院大學みちのきちプロジェクト編『みちのきち 私の一冊』   - 平成30年07月09日
 「みちのきち」とは未知を既知にし、機智を育み、生きていく人生の道の基地となる場所を目指し、渋谷キャンパスの学術メディアセンター一階に設へられた空間。ここはフリースペースで、学生や同窓生、訪問者が自由 ...

【読書】 【新刊紹介】岡田幹彦著『日本の偉人物語② 上杉鷹山 吉田松陰 嘉納治五郎』   - 平成30年07月09日
 これまで、わが国の偉人の評伝を数多く著してきた岡田幹彦氏の近著『日本の偉人物語②上杉鷹山 吉田松陰 嘉納治五郎』が出版された。  「百人余りの人物を一巻で三、四人とりあげる日本の偉人物語である ...

【読書】 【新刊紹介】三橋 健監修・海部やをとめ著『倭姫の命さまの物語』   - 平成30年07月09日
 丹後国一宮・元伊勢籠神社の社家に生まれた著者は、神明奉仕のかたはら、同社に伝はる内宮所伝本『倭姫命世記』をはじめとする史料等の管理研究をしてゐる。内宮所伝本『倭姫命世記』は、一般の『倭姫命世記』と相 ...

【読書】 【新刊紹介】野本暉房写真・倉橋みどり文・鹿谷 勲序『神饌 供えるこころ 奈良大和路の祭りと人』   - 平成30年07月02日
 本書は、奈良県各地の神社の祭事において献じられるさまざまな神饌を、写真家の野本暉房氏が長年に亙って撮影したもので、編集者で俳人の倉橋みどり氏が解説、民俗学者の鹿谷勲氏が序文を添へてゐる。神饌そのもの ...

【読書】 【新刊紹介】伊達聖伸著『ライシテから読む現代フランス―政治と宗教のいま』   - 平成30年07月02日
 宗教的中立・世俗・政教分離等を内包する理念と制度とを指す、フランス語の単語・ライシテ(laicite)。日本語では置き換への難しい概念である。こんにちフランスは、憲法第一条に「ライック」(laique ライシテ ...

【読書】 【新刊紹介】林田愼之助訳『顔氏家訓』   - 平成30年06月25日
 漢土において家訓の代名詞とされてきたのは『顔氏家訓』である。本書は全六巻二十篇より成り、顔之推の撰に係る。  伝来の家学と波瀾の生涯の間に研き抜いた処世訓を、子孫のためにまとめたものがこの『家訓』で ...

【読書】 【新刊紹介】谷口雅博著『風土記説話の表現世界』   - 平成30年06月25日
 風土記は、『古事記』や『日本書紀』と比べると、一般にはあまり知られてゐないが、古代の地方史を知る上で貴重な資料であり、『古事記』『日本書紀』には存在しない多くの神話や伝説が残されてゐる。かつては、あ ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>