文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
6 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【読書】 【新刊紹介】マンガで読む歴史学者・朝河貫一 安藤智重著・青木宣人マンガ   - 令和6年02月12日
郷土の偉人平易に 年少者にも薦める  著者は福島県郡山市の安積国造神社第六十四代宮司にして、幕末の志士たちを育てた安積艮斎(同神社第五十五代宮司の子)の研究者でもある。本書は、同地の福島県尋常中学校( ...

【読書】 【新刊紹介】平和の杜の教え 続々 一日一進 高原玄承著   - 令和6年02月12日
神道思想に基づき 簡明な言葉で伝へ  タイトルに「一日一進」とあるが、本著は「毎日一歩前に進」めるやうに、一日につき一つ、神道思想に基づく短い文章を書き綴ったものである。著者は甲斐奈神社名誉宮司である ...

【読書】 【新刊紹介】和食の文化史 各地に息づくさまざまな食 佐藤洋一郎著   - 令和6年02月05日
日本文化の多様性 理解が深まる良書  ふじのくに地球環境史ミュージアム館長で農学者の著者が、日本列島の多様な和食文化について歴史的に論じた一冊である。和食材、東と西、都会と田舎、江戸と上方、日本海と太 ...

【読書】 【新刊紹介】白の服飾史―人はなぜ「白」を着るのか― ニーナ・エドワーズ著、高里ひろ訳   - 令和6年02月05日
「白」纏ふ人々に 「省察」を促す書  斎服・浄衣・明衣・千早といった装束はもとより、日々身につける白衣も含めると「白」を纏ふことにおいて、私たちは他の職業に引けを取らない。「人はなぜ『白』を着るのか」 ...

【読書】 【新刊紹介】平賀元義 人と和歌 加藤 久著   - 令和6年01月29日
和歌史上における 意義などの顕彰を  本書は、羽生永明『戀の平賀元義』により正岡子規に取り上げられ、斎藤茂吉等により、大きくその和歌・短歌の存在が注目されることとなった平賀元義、今日において、短歌史上 ...

【読書】 【新刊紹介】地名の原景 列島にひびく原始の声 木村紀子著   - 令和6年01月29日
文字伝承より前の 日本語に着目の書  土地は文字が伝来する以前から存在してゐただらうが、古代の人々は地名をどのやうに呼んで表現してゐたのだらうか。本書は、言語文化論や意味論を専攻とする奈良大学名誉教授 ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>