文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
8 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【オピニオン】 論説   - 令和6年07月15日
 今号発行日の七月十五日は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。」とされてゐる「海の日」にあたってゐる。  国土交通省では、国民が「海の日」の意義について改めて考へ、より一層海に親し ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年07月15日
 親父の代で建てた築五十年の実家の主屋は能登半島地震により大規模半壊となった。平成十九年の地震で同じの他家の土蔵はすべて取り壊すほどの被害だったのだが、曽祖父が大正三年に建てた土蔵は、地盤と木材、作り ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年07月08日
 法務省が主唱する「社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」(社明運動)の強調月間にあたる七月を迎へた。  この運動は、すべての国民が犯罪や非行の防止と犯 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年07月08日
 前回書いた一文に全国各地の神職仲間から多くの反応をいただいた。スピリチュアル系やSNS向けを目的とした参拝の在り方に、やはり疑問や葛藤を抱いてをられるのだと意識共有をすることができ、とても嬉しかった ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年07月01日
 各地の神社で夏越大祓の行事を終へて七月一日を迎へた。今年の七月一日は、古来、田植ゑをはじめとする農繁期の区切りの時期ともいはれてきた雑節の一つ半夏生にあたる。  一般においては令和六年の上半期が終は ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年07月01日
 東京入谷鬼子母神の「朝顔市」に続いて浅草の「ほおずき市」と、東京の街に浴衣姿が広がっていく。全国では夏山が次々と開き、信仰心とともに登られる方々も多くなる。日本人は山には神霊が宿ると感じ、欧米のやう ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年06月24日
 神道政治連盟の令和六年中央委員会が六月十一日に神社本庁で開催された。前日には都内ホテルで神政連国会議員懇談会の総会が開かれ、さらに神政連の都道府県本部代表や地方議員らとの合同懇談会もあって、相互に情 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年06月24日
 仕事の記事やら論文やらの執筆に勤しんでゐると、三時頃にはお茶と甘いものが欲しくなる。緑茶か紅茶かコーヒーか、菓子は和か洋か。今日はどうしよう。  一服して資料を眺めてゐたら、古都鎌倉で騒動のあったら ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>