文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
7 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【読書】 宮崎貞行著 『宇宙の大道へ 驚異の神人川面凡児、霊的覚醒の秘法』 宗教と科学の合流 神道の持つ可能性   - 令和2年11月30日
 禊の創始者、あるいは復活者として知られてきた古神道家、川面凡児(文久二年〈一八六二〉~昭和四年〈一九二九〉)の評伝が刊行された。生前から数々の神祕体験でも名高かった川面には別の側面があった。川 ...

【読書】 中澤伸弘著 『令和の皇位継承 諸問題と課題』 憂国の学人が綴る 痛憤の言を一冊に   - 令和2年11月30日
 著者中澤氏は、本紙にても屡々重要な提言をされ、研究者として著作も多いが、今回新たに、平成から令和の皇位継承をめぐる諸課題について一書をまとめられた。 本書によって浮き彫りにされた今後の諸課題を解決し ...

【読書】 久保田淳著 『「うたのことば」に耳をすます』 吉海直人著 『百人一首を読み直す2―言語遊戯に注目して―』 俯瞰して読む2冊 「うた」の面白さを   - 令和2年11月30日
 うた、ことば、耳をすます、の単語が目に入ってきた。  和歌や古典の研究・評釈等をされて成果を上げられ、それらに裏付けされた確かな文章の一つ一つに感銘を受ける。古典和歌、そして百首歌や百人一首から近代 ...

【読書】 桜井徳太郎著 『民間信仰』 日本の固有信仰を 知るには必読の書   - 令和2年11月16日
 本書は昭和四十一年十月塙書房から刊行された同名の学術書の再版(昭和四十三年)本をちくま学芸文庫に再録したものである。  それぞれの項目は昭和三十五年から昭和三十九年までの日本の高度経済成長期に書かれ ...

【読書】 西川泰彦著 『富山県のおほみうたのいしぶみ』 県内の御製碑及び 御製詩碑を謹解す   - 令和2年11月16日
 本書は富山県内に建てられてゐる明治天皇から今上陛下の五代に亙る御製(和歌)碑・御製詩(漢詩)碑計三十一基を紹介するとともに、そこに謹刻されてゐる御製・御製詩を謹解したもので、「令和御大典記念出版」と ...

【読書】 山下久夫・斎藤英喜編 『日本書紀一三〇〇年史を問う』 日本書紀の受容史 幅広い領域で論ず   - 令和2年11月09日
 日本書紀は、養老四年(七二〇)五月二十一日に撰上された。成立の翌年から平安時代前期にかけて講書(日本紀講筵)がおこなはれ、その記録は日本紀私記として残された。その後もさまざまな形で受容されてきた。今 ...

【読書】 高原玄承著 『平和の杜の教え 続 一日一進』 中取持ちが紡いだ 「祈り」の言の葉   - 令和2年11月09日
 著者は、昭和四十五年に甲斐奈神社(山梨県甲府市鎮座)の宮司を拝命され、奉職五十年にあたる本年、本著を出版された。奉職の傍ら、県祭式講師や教化委員も御歴任、組織・社会貢献、後進育成に心身を尽くされてき ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>