文字サイズ 大小
RSS 1.0
 皇祖・天照大御神に新穀を奉り収穫への感謝を捧げる神嘗祭が十月十五日から伊勢の神宮で斎行され、天皇陛下には勅使・十時和孝掌典を差遣されるとともに、十七日には皇居内の神嘉殿で神宮を遙拝になり、宮中三殿の賢所では御拝礼遊ばされて御告文を奏された。
>>> 記事詳細
 【宮城】仙台市青葉区の大崎八幡宮(小野目博昭宮司)では、新型コロナウイルス感染症により多くの学校行事が中止されるなか、地元の市立第一中学校PTAの主催で伝統芸能「雀踊り」の奉納が九月十三日におこなはれ、生徒ら約七十人が参加した。  同校PTAではコロナ禍で活動発表の場が制限されるなか、卒業を控へた三年生を中心に奉納演舞を計画。あはせて同校合唱部と美術部による奉納もおこなはれることとなった。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

杜に想ふ

令和2年10月26日付
 「秋まつり」の時期がやってきた。  その一年でもっとも大事な祭りが、今年は縮小されるところが多からう。たとへば、宵宮での神楽や本宮での神輿渡御が中止されて祭典だけになる。私の郷里の宮でもさうである。産土神の荒神社や株(本家・分家の同姓集団)神の摩利(支天)神社などの小祭りは、総代と当番家(当屋・頭屋)だけでおこなふところもでてきた。コロナ禍のせゐである。いたし方ないこと、と従ふしかない。そして、...
>>> 記事詳細
 『邦人奪還』は自衛隊の特殊部隊を扱った小説で、一種独得の緊張感を保って読む必要がある。  本書で描かれるのは、外国の部隊による尖閣諸島略奪を阻止する軍事行動や北朝鮮のクーデターを機とした拉致被害者奪還といふ、近い将来に起こり得る、あるいは想定すべき事態だ。著者は海上自衛隊特別警備隊の創設に係はり、約八年に亙り同隊の先任小隊長を務めた後に退官した伊藤祐靖氏である。  何があっても貫徹するといふ「国...
>>> 記事詳細
/images/人事

【帰幽】面山千岳名誉宮司

令和2年10月26日付
 秋田県護国神社名誉宮司、県神社庁顧問の面山千岳氏(おもてやまちたけ、神職身分特級)が十月十五日に帰幽した。享年九十。
>>> 記事詳細