文字サイズ 大小
RSS 1.0
 六月九日に可決・成立し、十六日に公布された「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」に係る皇室会議が十二月一日に開かれ、同法の施行日が平成三十一年四月三十日になることとなった。同日、安倍晋三内閣総理大臣は「天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が、国民の皆様の祝福の中でつつがなく行われるよう、全力を尽くしてまいります」との談話を発表した。
>>> 記事詳細
 【三重】鈴鹿市の春日稲荷神社(樋口比呂磨宮司)では例祭を翌日に控へた十月八日、今回が初めてとなる子供神輿の渡御をおこなひ、子供四十人をはじめ保護者や神社役員、自治会関係者など総勢百十人で賑やかに地域を練り歩いた。  この神輿渡御は、例祭を前に社頭や氏子地域の賑はひを増すとともに、青少年の健全育成と地域の絆づくりに資することを目的に神社と自治会が協力して企画したもの。神輿や法被、鐘や太鼓は県神社庁...
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成29年12月11日付
 十二月一日午前、二十四年ぶりとなる皇室会議が開かれた。今回の会議は今年六月に成立した「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」に基づき、同法第二条「天皇は、この法律の施行の日限り、退位し、皇嗣が、直ちに即位する」に定める施行の日を決めるため、施行日に関する「政令を定めるに当たっては、内閣総理大臣は、あらかじめ、皇室会議の意見を聴かなければならない」といふ附則第一条第二項に則って開かれたもので、再来年...
>>> 記事詳細
/images/人事

本庁辞令(十二月一日付)

平成29年12月11日付
 高瀬神社権宮司 藤井秀嗣 富山県南砺市高瀬 高瀬神社宮司に任ずる (十二月一日付)
>>> 記事詳細