文字サイズ 大小
RSS 1.0
 二月十一日の「建国記念の日」、勅使参向のもと天皇陛下からの幣帛を奉り奈良・橿原神宮(久保田昌孝宮司)で紀元祭が斎行されたのをはじめ、各地で神武建国を偲び祭典や奉祝行事などが執りおこなはれた。このうち都内では神社本庁が参画する「日本の建国を祝う会」(大原康男会長)主催の奉祝中央式典が挙行され、また式典に先立ち奉祝パレードが明治神宮の表参道で開催された。
>>> 記事詳細
 【東京】都神社保育連合会(細野政和会長)は「第五十六回楽しい母と子の集い」を一月十七日に渋谷区・明治神宮会館で開催し、都内十二の幼稚園・保育園の園児とその保護者など約千七百五十人が参集した。  疫禍の影響により四年ぶり。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和6年02月19日付
 今号掲載の通り、北方領土問題に対する国民の関心と理解をさらに深め、全国的な返還運動の一層強力な推進を図ることなどを趣旨に設けられた二月七日の「北方領土の日」を迎へ、今年も都内では岸田文雄首相など出席のもと「北方領土返還要求全国大会」が挙行された。  二年前からのロシアによるウクライナ侵攻の影響により日露関係は厳しい現状にある。北方領土問題の解決に向けた交渉は中断を余儀なくされ、再開の目処さへ立っ...
>>> 記事詳細
郷土の偉人平易に 年少者にも薦める  著者は福島県郡山市の安積国造神社第六十四代宮司にして、幕末の志士たちを育てた安積艮斎(同神社第五十五代宮司の子)の研究者でもある。本書は、同地の福島県尋常中学校(現・県立安積高等学校)出身の偉人で、艮斎の姻戚にあたる朝河貫一の生涯と思想が漫画仕立てで描かれてゐる。  耳慣れない用語については欄外の註釈で丁寧かつ的確に解説されてゐるので、年少者にも薦めるべき好著...
>>> 記事詳細
/images/人事

庁長・副庁長選任

令和6年02月19日付
 滋賀県神社庁 庁長三家邦明(新) 副庁長社信之(新) 〈馬渕直樹庁長退任に伴ひ〉 (一月三十日付、任期は令和七年三月三十一日まで)
>>> 記事詳細