文字サイズ 大小
RSS 1.0
「祖国復帰五十年」を冠した県神社庁設立五十年記念式典  政府と沖縄県とが共催する「沖縄復帰五十周年記念式典」が、五月十五日に沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターと東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールとを会場に開催され、天皇陛下には遠隔形式にて「おことば」を述べられた。 沖縄県神社庁も式典挙行 翌日には九連総会開く  【沖縄】県神社庁(渡慶次馨庁長)は五月九日、「祖国復帰五十年」を冠した県神社庁設立五十年記念式典を那覇市のパシフ...
>>> 記事詳細
 【広島】福山市の吉備津神社(追林貴之宮司)では、「令和の大遷宮」としておこなってゐた国指定重要文化財である本殿の保存修理工事がこのほど完了し、四月二十二日には本殿遷座祭を、翌二十三日には天皇陛下よりの幣帛を奉り奉祝奉幣祭を斎行した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和4年05月23日付
 神社本庁の五月定例評議員会を中心とする斯界恒例の青葉会議が間もなく開催される。  新型コロナウイルス感染症の流行以来、会議の開催にはさまざまな制約が課されてきたが、今年は比較的コロナ禍以前に近い形となるやうで喜ばしい限りである。斯界発展のため意義ある会議となることを切に願ひたい。  斯界の課題は多いが、近年は神社本庁を設立した先人から直接後事を託され、これまで神社界を牽引してきた世代の勇退が相次い...
>>> 記事詳細
 皆さんは自分の住んでゐる地域の古い姿について考へたことはあるでせうか。  本書では東京の東西を走るJR中央線の沿線、とくに中野区・杉並区・多摩地域に着目して、その地域の深層を探ってゐます。  我々は神主として日々神明奉仕に努めてゐるわけですが、各神社それぞれに創建の由来があり、おそらくそれぞれに重要な場所に鎮座してゐます。ぜひこの本を読んで、それぞれの地元の古い姿や「古層」を探ってみてほしいと思...
>>> 記事詳細
/images/人事

【帰幽】小田 瑞穗氏

令和4年05月23日付
 小田 瑞穗氏(をだみづほ、広島県府中市出口町七四五、甘南備神社名誉宮司、二級上)四月十三日帰幽、享年九十八。
>>> 記事詳細