文字サイズ 大小
RSS 1.0
 神宮参与同評議員会・伊勢神宮崇敬会代議員会が六月七日、三重県伊勢市の神宮会館大講堂で開催され、全国から約五百五十人が出席した。議事では神宮司庁の各部室長が神宮の現況を説明。また緊急動議もあり、第六十三回神宮式年遷宮に向け遷宮奉賛活動を強力に推し進めることを誓ふ宣言文が採択された。
>>> 記事詳細
 【奈良】橿原市の橿原神宮(久保田昌孝宮司)では五月十二日に岐阜・長良川の鵜飼開きで捕獲された鮎二十七匹を奉納する初鮎奉献祭を、二十五日に奈良・吉野川で釣られた鮎十八匹を奉納する吉野川初鮎奉献祭を斎行した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和6年06月17日付
 今号掲載の通り、神宮参与同評議員会・伊勢神宮崇敬会代議員会が六月七日に神都・伊勢で開催され、全国の神社関係者など約五百五十人が参集した。  当日は豊受大神宮・皇大神宮の御垣内参拝、神楽殿での神楽奉奏などののち会議がおこなはれ、功労者顕彰などに続き、事務局が神宮の現況、伊勢神宮崇敬会の会務についてそれぞれ説明。議事の最後には出席者より緊急動議の提案があり、令和十五年に斎行予定の第六十三回神宮式年遷...
>>> 記事詳細
国民共同体としての 国家を基軸に緒論を  著者は大嘗祭訴訟や靖國神社参拝訴訟などにおいて神道を擁護する意見書を数多く提出してきた。そのため「神道の弁護士」と認識する向きもある。  本書は「国民共同体としての国家」といふ観点から日本国憲法における最重要事項である天皇、そして国家論、政教関係について著者がこれまでに発表した論文をまとめたものである。日本人が皇室や神祇信仰をはじめとする日本の伝統文化をそ...
>>> 記事詳細
/images/人事

【帰幽】外山勝志名誉宮司

令和6年06月17日付
 東京都渋谷区代々木神園町一―一、明治神宮名誉宮司の外山勝志氏(とやまかつし)が六月一日に帰幽した。享年九十一。
>>> 記事詳細