文字サイズ 大小
RSS 1.0
 昭和天皇の崩御日である一月七日、東京・八王子市の武藏野陵(昭和天皇山陵)と皇居内の皇霊殿で昭和天皇三十年式年祭の儀が斎行された。山陵には天皇・皇后両陛下が行幸啓され、天皇陛下には秋篠宮殿下が、皇后陛下には秋篠宮妃殿下らが供奉のもと、御拝礼になられた。皇霊殿の儀では、両陛下の御名代として皇太子・同妃両殿下がお出ましになられた。
>>> 記事詳細
 【北海道】田中恆清神社本庁総長は旧臘二十五日に北海道を訪れ、九月六日に発生した胆振東部地震に関し、道内神社の被災状況を確認した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成31年01月14日付
 平成の最後となる新年を迎へた。四月三十日を以て今上陛下が御譲位され、五月一日には皇太子殿下が新帝として御即位になられる。同時に元号が改まり、新帝の新しい御代が始まる。  御代替りに際し、新帝のもとで御大礼と称される即位礼、大嘗祭、大饗などの皇位継承に伴ふ諸儀式が挙行される。御大礼は皇室と国家にとっての一大重儀であり、国民にとっては一大慶事であって、新帝とともに新しい時代を築いていく心構へを固める...
>>> 記事詳細
 今年は明治維新百五十年といふことで、幕末明治維新に対する関心が昂ってゐる。書店にも関連本が並んでゐるが、面妖なのは、明治維新を否定する本がずらりと並んでゐることだ。  歴史学界の中には、坂本竜馬や吉田松陰ら維新の功労者たちを教科書から削除すべきだと提唱するグループもあり、文科省もその動きに同調しかけた。世論の反撥を受けて国会議員が国会で問題にしなければ、坂本竜馬らは教科書から削除されてゐたと思は...
>>> 記事詳細
二荒山神社宮司 吉田健彦 願に依り本職を免ずる (十二月二十五日付)
>>> 記事詳細