文字サイズ 大小
RSS 1.0
挨拶する大原会長  二月十一日の「建国記念の日」、勅使参向のもと天皇陛下からの幣帛を奉り奈良・橿原神宮(久保田昌孝宮司)で紀元祭が斎行されたのをはじめ、コロナ禍のなか各地で神武建国を偲び祭典や奉祝行事などが執りおこなはれた。このうち都内では、神社本庁が参画する「日本の建国を祝う会」(大原康男会長)主催の奉祝中央式典が挙行された。 勅使参向のもと紀元祭 今年は祭典のみ厳粛に 橿原神宮  神武天皇を祀る奈良...
>>> 記事詳細
 【山梨】天皇陛下御即位奉祝県民大会が二月十一日、甲府市のYCC県民文化ホールで開催され、県内各地から約五百人が参集し奉祝の誠を捧げた。  当初、昨年三月八日に開催が予定されてゐたものの、新型コロナウイルスの感染拡大防止に鑑み延期されてゐた。なほ開催にあたっては大会規模を縮小。感染拡大防止に努めたほか、大会の様子を動画共有サイト「ユーチューブ」でも配信した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和3年02月22日付
 令和の御代の二月は、建国記念の日と天皇誕生日といふ国民が毎年こぞってお祝ひすべき「国民の祝日」が二日ある重要な月である。  建国記念の日の二月十一日は、「仰ぐ今日こそ楽しけれ」と歌はれたかつての紀元節であり、初代・神武天皇の即位日を祝ひ、雄々しき建国の偉業を遙かに偲ぶとともに、国を愛する心を喚起する日である。また二月二十三日は、その神武天皇より連綿と続き、現在は第百二十六代を数へる万...
>>> 記事詳細
 戦後GHQによって「日本丸」は「左」に大きく転舵させられてしまった。「神道指令」「教育勅語の廃止」「憲法の押し付け」「労働組合の奨励」などで国体は満身創痍。そしてWGIP(戦犯裁判広報計画)による「戦争贖罪」といふ癌細胞は時の経過と共に日本の身体を重病化させていったが、国民に自覚症状はまったくない。  そんな日本人に「君たちは素晴らしい能力を持った人だよ!自信を持とう!さあ!」と促すのが本書であ...
>>> 記事詳細
/images/人事

【帰幽】笠 正純氏

令和3年02月22日付
 笠 正純氏(りゅうまさずみ、福岡県京都郡みやこ町勝山宮原二八五、若宮八幡神社宮司、二級上)二月十五日帰幽、享年八十八。
>>> 記事詳細