文字サイズ 大小
RSS 1.0
定期大会に先立ちおこなはれた定期総会  全国氏子青年協議会の第五十七回定期大会が七月六日、山形県天童市の天童ホテルで開催され、全国から七百人を超える会員が参集した。大会にあはせておこなはれた定期総会では、任期満了にともなふ役員改選があり、鈴木登代秀氏(東京・蒲田氏子青年会)の新会長就任などを承認。昨年度の事業報告・決算や今年度の事業計画・予算案も承認された。
>>> 記事詳細
 【滋賀】栗東市の五百井神社(宇野日出生宮司)では、平成二十五年九月の台風十八号による裏山の崩落で流失してゐた社殿の再建が完了し、六月十六日に「竣工奉告祭」を斎行して氏子や関係者百人以上が参列した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和元年07月15日付
 七月六日、山形県で全国氏子青年協議会(全国氏青協)の第五十七回定期大会が「氏青よ なせば成る 郷土の想いを胸に抱き 集え山形の地へ」を主題に開催され、全国各地の単位会から七百人を超える氏子青年が参加した。  大会では、氏青活動にとくに尽力した個人・団体の表彰をはじめ、新加盟単位会認証式や他団体の模範となるべく特色ある活動を意慾的に展開する「指定氏子青年会」への指定証交付などを実施。佐藤孝弘山形市...
>>> 記事詳細
 このたび、宮内庁編により『道 天皇陛下御即位三十年記念記録集 平成二十一年~平成三十一年』が上梓されました。お言葉や記者会見での御発言、御製・御歌などが纏められてをり、これまで十年ごとに発刊されてきました。  本書の題名は「道」ですが、私は平成の三十年を、「象徴天皇」とはどうあるべきか、何をすべきかを摸索される「道」であったと拝察申し上げます。「象徴天皇」とは新憲法になって初めて出てきた概...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】神田 德夫氏

令和元年07月15日付
 神田 德夫氏(こうだのりを、三重県伊賀市馬場九五一、陽夫多神社名誉宮司、一級)六月十六日帰幽、享年九十七。
>>> 記事詳細