文字サイズ 大小
RSS 1.0
 神社本庁が各神社庁に割り当てる負担金に関する制度等について、統理の諮問に応へて調査検討をおこなふ負担金賦課制度等財政調査委員会の第三回会合が九月四日に神社本庁で開催された。今回は令和二年度の負担金を三割減免とするとともに、三年間の負担金減免期間を設けることなどを盛り込んだ答申を取り纏めた。
>>> 記事詳細
 【静岡】神社本庁過疎地域神社活性化推進施策の指定地域・榛原郡川根本町の浅間神社(山下慎吾宮司)で毎年奉納される「鹿ん舞」の経験者有志が、八月十五日に新型コロナウイルス感染症の早期終熄を祈る「鹿ん舞道行」をおこなった。  例年は帰省する親族など人口の四、五倍が集まる行事だが、今年は感染拡大防止の観点により規模を縮小。かうした状況に、かつて舞を奉仕した地元の六十五歳前後の有志約二十人が「伝統の文化。...
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和2年09月14日付
 先週号に掲載の通り、第二期となる過疎地域神社活性化推進委員会の初会合が八月二十七日に神社本庁で開催され、これまでの活動を踏まへた施策要項改定や神職の後継者確保など、今後の検討事項について意見を交換した。  同委員会は、各地で過疎化が進行するなか、これまでの施策などを検証しつつ、過疎地域の神社を主な対象とした対策を立案・実施していくことを目的として平成二十八年九月に設置された。検討課題として、不活...
>>> 記事詳細
 「神社合祀」「神社合併」といふ言葉は、昨今の神社界でどのやうに響いてゐるのであらうか。氏子崇敬者の減少や高齢化に伴ひ、祭典・儀式行事の規模縮小をはじめ維持管理が困難なところでは深刻な問題といへる。これは、神社信仰の継承を含めて他人事ではなく、また政府主導の政策としておこなはれた歴史用語としての「合祀」ではない重さをもって迫ってゐよう。  本書は、さうした課題に処方箋を提示する内容ではない。日露戦...
>>> 記事詳細
/images/人事

本庁辞令(各九月一日付)

令和2年09月07日付
 盛岡八幡宮禰宜 伊藤良正 岩手県盛岡市八幡町 盛岡八幡宮権宮司に任ずる  都●水分神社宮司 西口学 兼ねて奈良県神社庁参事に任ずる (各九月一日付) ●・・・「ネ」に「阝」
>>> 記事詳細