文字サイズ 大小
RSS 1.0
 天皇・皇后両陛下には十一月八日、東京・新宿区の聖徳記念絵画館に行幸啓遊ばされ、明治維新百五十年記念特別展「明治日本が見た世界~巨大壁画でたどる日本開国史~」を御覧になられた。
>>> 記事詳細
 【山形】山形市の山形県護国神社(宮舘厚悦宮司)では、来年が同神社の創建百五十年にあたることから、このほど無料で頒布する記念誌『ごこくのいろは』を発行した。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成30年11月19日付
 天皇陛下には、お手づから収穫せられた稲穂を伊勢の神宮における神嘗祭に際して献られ、宮中での新嘗祭においては新穀を聞こし召される。  神宮での神嘗祭と宮中における新嘗祭は、それぞれ年間の恒例祭典のなかでも最も重要な祭祀といはれる。来春には御譲位が予定されてをり、いづれも今上陛下の御奉仕遊ばされる最後となることに一抹の寂しさを感じつつ、御即位三十年の佳節を迎へるにあたり、これまで営々と宮中祭祀をお続...
>>> 記事詳細
 この書は二部に分かれてゐる。第一部は、注目すべき思想家として二十三人を取り上げて解説し、論評したもの、かつて産経新聞に連載した文章に加筆したものである。第二部は、諸雑誌に掲載された思想家論の集録である。  ただ今は余り論評されない高山樗牛、日本浪曼派の代表として批判にさらされる保田與重郎、右翼の巨頭とみなされる頭山満など、類書に登場しない人物を取り上げてゐるなど異色の内容である。なかんづく葦津珍...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】岡田 清吾氏

平成30年11月19日付
 岡田 清吾氏(をかだせいご、新潟県三条市大字袋七四一、五社神社宮司、二級上)十一月二日帰幽、享年九十。
>>> 記事詳細