文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
10 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【オピニオン】 論説   - 令和6年06月17日
 今号掲載の通り、神宮参与同評議員会・伊勢神宮崇敬会代議員会が六月七日に神都・伊勢で開催され、全国の神社関係者など約五百五十人が参集した。  当日は豊受大神宮・皇大神宮の御垣内参拝、神楽殿での神楽奉奏 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年06月17日
 学会の活動には疎い私であるが、それでも時々に、とくに若手の論文に目を通すやうにはしてゐる。最近では、『日本民俗学』第三一六号に掲載されてゐる某若手研究者による「伊勢湾周辺地域におけるボラの民俗―愛知 ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年06月10日
 今年も梅雨の季節を迎へた。その梅雨前線が東北地方に至る月末となれば、令和六年能登半島地震の発生から半年が経過することとなる。  各種報道機関が伝へる奥能登地方の様子からは、なかなか復旧・復興が進んで ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年06月10日
 ある日、社頭で御奉仕してゐた際に参拝者の一人が不安さうな顔をして尋ねてきた。「小さい頃からこのお宮が好きだったのですが、産土鑑定士にあなたの本当の産土神社は〇〇神社ですと言はれた。ここへはもう来ない ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年06月03日
 神社本庁五月定例評議員会を中心とする斯界恒例の青葉会議が終了した。  令和二年から昨年まで、新型コロナウイルス感染症の影響を少なからず受けてきた評議員会。これまで神社庁職員に限定してゐた傍聴も広く認 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年06月03日
 ホタルが飛び交ひ、梅の実も熟し始める六月。あぢさゐ、くちなし、イネも青みを増すなか色彩と香りのシンフォニーを楽しんでゐる。八十四種、三千株もある皇居東御苑のハナショウブは見頃を迎へ、上品な花びらに外 ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年05月27日
 「農政の憲法」といはれる食料・農業・農村基本法の改正案が今国会に提出されてゐる。すでに四月には衆議院で可決され、現在は参議院で審議がおこなはれてゐるところだ。  その改正理由においては、近年の世界的 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年05月27日
 私の郷里である備中地方(岡山県西部)には、株神祭が伝はってゐる。全国的には、なじみが薄いであらう。  とくに、私の氏神の範囲では、これまでは濃厚な伝承をみてきた。と、過去形でいはなくてはならないのは ...

【オピニオン】 論説   - 令和6年05月20日
 法務省は五月一日、新たに製作した「社会を明るくする運動」の広報ポスター及びCM動画について発表した。  社会を明るくする運動は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と、犯罪や非行をした人たちの更生につい ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 令和6年05月20日
 日本海に突き出たやうな地形から、現代では「陸の孤島」と蔑称的にも言はれる能登半島。しかし往昔は大陸から渡来する人や文物が流入する玄関口で、藩政期には北前船による海運で大いに賑はひ、半島各地には独自で ...


<<< 前の20件      次の20件 >>>